Warning: include(/home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-content/themes/blog/functions.php) [function.include]: failed to open stream: Permission denied in /home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-settings.php on line 717

Warning: include(/home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-content/themes/blog/functions.php) [function.include]: failed to open stream: Permission denied in /home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-settings.php on line 717

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-content/themes/blog/functions.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/1/chicappa.jp-newtokyo/web/blog/wp-settings.php on line 717
hotelnewtokyo.com : BLOG » 2009年も始まりましたね。
    HOME
  • HOME
  • NEWS
  • PROFILE
  • DISCOGRAPHY
  • BLOG
  • CONTACT

BLOG

This is the Hotel New Tokyo official blog.

  • 2009年も始まりましたね。

    2009年元旦から、もう2週間が経ちました。
    早すぎる…。まぁ、特に問題はないんですけど。
    正月早々、3日に渋谷のBunkamuraで行われている
    「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展を観て来ました。
    今回の展覧会は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が改修のため休館されるのを機に、同館が誇るピカソとクレーの名作を中心に、
    マティス、ブラック、シャガール、マグリット、エルンストなど西洋近代を代表する作家、そしてマックス・ベックマンをはじめとするドイツ近代を代表する作家たちによって、
    20世紀前半にヨーロッパで展開された、キュビスム、シュルレアリスム、表現主義、構成主義など西洋近代美術の世界を観る事が出来ます。
    ピカソやクレーの初めて観る作品も何点かあったり、時代背景やその当時に起きた芸術運動
    の流れをみながら観る作品は、かなり興味深いものがありました。
    でもやっぱり、ピカソは何か凄かったなぁー。
    正月ムードの中での、美術館巡りはオススメです。
    mainvisual.jpg
    ************************************************************************************************************
    「ブロークン イングリッシュ」を観て来ました。
    ゾエ・カサヴェテス監督長編デビュー作品。
    父に”インディペンデント映画界の雄”ジョン・カサヴェテス、母に本作にも出演している名女優・ジーナ・ローランズ、兄に映画監督ニック・カサヴェテス(『君に読む物語』)を持つ映画一家のサラブレッド。
    ソフィア・コッポラに続いて今最も注目の女性監督らしいです(世間的に)。
    愛し愛されることを諦めかけていた30代女性が、運命の男性に出会い心を開くまでの葛藤を繊細に表現する。過去の恋愛体験がトラウマとなり「人生は魔法のように変わらない」と新しい恋に二の足を踏む主人公の臆病さには女性なら誰でも共感できるはず。心に訴える熱演でノラに扮したパーカー・ポージーとジュリアン役のメルヴィル・プポーのただロマンチックなだけじゃない等身大でリアルな男女の距離感が見どころ。
    みたいな解説があったりしますが、いわゆるストーリー的にはオーソドックスな恋愛映画。
    僕が元々この監督を知ったのは、A.P.C.がディストリビュートした短編作品「MEN MAKE WOMEN CRAZY THEORY」がきっかけでして、
    ソフィア・コッポラとかもそうなんですが、やはりこの手の人達が撮る映像ってどこかシャレている。
    なぜか、グッとくる。
    そして、さらりと観れる感じが今の気分にピッタリハマりました。
    ph03_02.jpg
    T0006743.jpg
    ************************************************************************************************************
    そんなこんなで、スタジオにも入ったりしてまして、
    セカンドアルバムの音源がようやく完成。
    これから、マスタリング作業(曲間等を決めたりする作業)や
    ジャッケ等の製作に入ります。
    R03.jpg
    作業中のエンジニアの池内さん。
    今年も、宜しくお願いします。

    2009/01/14|未分類

Loading...